宇宙の地平線と宇宙あらまし発光などについて稽古

宇宙などについて教育をしました。宇宙の年齢は有限であるので、我らが計測こなせる宇宙の領域は、だいたい光ペースと宇宙の年齢の積を半径とやる度合いだ。こういう領域の境界を宇宙の地平線といいます。宇宙の地平線は間の過程とともに拡大し続けている。現在計測されている何より遠くの天体は、赤方偏移z≠7の銀河で宇宙の地平線にほど近い天体だ。銀河団にはおとめ座銀河団、おおぐま座�T銀河団、かん不具合座銀河団、うしかい座銀河団、うみへび座銀河団などがあります。1965世代、アメリカのペンジアスとウィルソンが、宇宙のありとあらゆる向きからおんなじ強さの波長7.35cmの電波がきていることを発見しました。先々、ことなる波長でも同じ電波が発見されました。それらの電波の強弱分布は約3Kの物質からの照射に該当し、3K宇宙いきさつ照射といわれます。宇宙が膨張しているため、遠方の天体からの照射は波長が伸びて計測されます。ずいぶん勉強になりました。http://www.fonfix.co/unaji-datsumo.html